お知らせ

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を始めました
2012年1月19日

大きないびきをかく方の中によく見られる睡眠時無呼吸。重症の場合、放置すると10年で約50%が何らかの障害で亡くなるという怖いデーターもあります。目覚めがすっきりしない、昼間眠くなることがある、疲れがとれにくい、などの症状がある方はご注意を。

一晩貸出しのコンパクトな検査機で呼吸の状態、血液中の酸素などを検査できます。

重症と判定された場合の治療についても相談を受付けております。現在数名の方が治療中ですが、昼間の眠気などが改善されて満足されていることが多いです。




ご挨拶
初診の方へ
診療案内/診療予約
院内紹介
アクセス / リンク集
よくあるご質問
院長の独り言
HOME